オーブンを眠らせていませんか?

賢く使えば、簡単便利。

・下味を付けて、タイマーをセットするだけ。あとはお任せ。・焼いている間はそばを離れてOKだから、お料理が効率的に。

アメリカン・ポークなら、120℃

・あっさりした脂身が特徴のアメリカン・ポークをオーブンで焼くためには、「低温でじっくり」がコツ。あらゆる温度で実験を繰り返した料理研究家・行正り香さんが発見したのが120℃という絶妙な法則。上品で、驚くほどしっとりと柔らかい仕上がりになります。

基本 アメリカン・ポークの120℃かんたんロースト

印刷する
材料(2〜3人分)
  • アメリカン・ポーク(豚肉)ロース肉(かたまり)500g
  • 小さじ2
  • こしょう適宜
  • 天板にいれる水 1カップほど
作り方
  • オーブンを120度に温める。塩を全体にすり込む。
  • オーブンの天板に水を入れ、その上に網を乗せる。
    アメリカン・ポークを乗せて、120度で60分を目安にゆっくり火を通していく。
  • オーブンから出したら、肉汁を閉じ込める為、アルミホイルにくるみ、20分ほど休ませてから7mmの薄さに切る。最後にこしょうをお好みでふりかける。

ワンポイント

お肉は必ず加熱する30~40分前に出して常温に戻してから調理する。
蒸気を作り出す為、オーブンの天板にお湯をはる。
冷やしていただいても美味しい。
少し柔らかめが好みの場合は、50分でもOK。
ビルトインタイプのオーブンの場合は、火の通りが早いので、調理時間を10分短くする。

動画でも紹介中!

ローストの紹介

120℃かんたんローストにおすすめのソース

マスタードソース
材料(4人分)
  • 粒マスタード大さじ1
  • マヨネーズ大さじ1
  • ハチミツ小さじ1
  • ひとつまみ
作り方
  • 全ての材料をボウルに入れて混ぜる。
ゆずこしょうオリーブオイルソース
材料(4人分)
  • ゆずこしょう大さじ1
  • オリーブオイル大さじ1
  •  
  •  
作り方
  • 全ての材料をボウルに入れて混ぜる。
ソースの紹介

かたまりで焼けばごちそうに あまってもアレンジ色々でまたごちそう

行正さんのお勧めは、肩ロースをかたまりで1kgほど焼いておいて一度に食べずに、何回かに分けて食べる楽しみ方。ひときれづつ切り分けて、冷凍しておくと便利です。お料理への応用がしやすいローストポークだから、カレーや野菜炒めなど、お好みのアレンジをお楽しみください。

4つの最新アレンジレシピ

1.アメリカン・ポーク「ローストポーク丼」

2.アメリカン・ポーク「ローストポークサラダ」

3.野菜とアメリカン・ポーク手巻き寿司

4.アメリカン・ポークのかりかり揚げ

監修 行正 り香 福岡県出身の料理研究家。高等学校3年時からアメリカ合衆国カリフォルニア州に留学。留学中にホストファミリーのための食事作りから料理に興味を持つ。著書は「おうちに帰って、ごはんにしよう。」など多数。

多くの消費者が大満足 オーブンで焼けば簡単でおいしい!

行正り香さん監修のアメリカン・ポーク絶品オーブンレシピに消費者の皆様が挑戦!そのあまりの簡単さと美味しさに絶賛の声を頂いております。