アメリカン・ビーフとアメリカン・ポークを楽しく美味しく食べよう!バイリンガル・男児育児まんが「ジャパメリカンズ」


登場人物

作者:ゴキタ絵美(ママ)
米国在住13年。男児育児、バイリンガル育児、海外暮らしをまんがと写真で綴るブログ 「ジャパメリカンズ」をきっかけにイラストレーター、漫画家として仕事をはじめる。2012年より日本在住。

長男ハー(2004年生まれ)
食べることとゲームが大好きなバイリンガル。カレー・チャーシューメンが殿堂入り好物、最近は「舞茸ビーフパスタ」がお気に入り。

次男ター(2006年生まれ)
体を動かすことが大好き、内弁慶だがハートが繊細な、ぎりぎりバイリンガル。ミートボールが大好物。ていうかアメリカン・ミート・ママ料理はみんな大好物。

他、アメリカの家族・日本の家族がぼちぼち登場いたします!

2018/06/27 UP

第322回 日本に帰ってきたら…牛タン!

   

アメリカでは、ヘアカットが高いので
子供の髪は母(私)が毎月カットしています。

 

日本、ありがたや!1000円カット。

 

 

14才になるハー
実は一人で床屋に行くのは
初めてで・・・・

 

 

((((;゚Д゚)))))))

 

 

しょっぱなから
マルコメくんに変身でした。

 

さて

 

ジャパメリカンズが暮らす
コロラド州は
アメリカ大陸のど真ん中。

 

去年の7月から
海を見ていなかった
ハーとター、

 

 

梅雨の合間にめいっぱい
楽しんでいます。

 

 

コロラド州にもある「温泉」
日本のわが家が行く
「温泉」との違いは・・・

   

 

海辺の温泉宿だけど
あえて焼肉バイキング。

 

だって肉食ですもの。
ヾ(´∀`)

   

 

牛タン大好き!なボーイズ
牛タン攻撃です。

 

実は、
コロラド州の普通のスーパーでは
牛タンは手に入りませんのでね。
(´・ω・)ショボン

 

なぜなら、
アメリカでは牛タンを食べることが少ないから!

 

牛タンを食する国の
レストランなどが多い大都市では
手に入りやすいのかもしれませんが…。

 

 

日本では大人気部位だから
需要が多く、お値段も高い牛タン。

 

スーパーで、産地を見てみてください。
アメリカ産がとても多いことに気づくはず!

 

アメリカは、日本の牛タンの主要輸出国で
全体のシェアの半分を超えています。

 

アメリカン・ビーフなのに
アメリカでは味わえない牛タン。

 

牛タンを食べるたびに
日本の食文化、バンザイ!
って思います。ほんと。

 

牛タンをたーんと食べた
その翌週、
また梅雨の合間の晴れ間に・・・

 

 

コロラド州にも川はあるけど
この通い慣れた、
道志川のキャンプ場は
またひと味ちがうよね。

 

あと2週間、
日本の美味しいところ
味わいつくします!

   

いつも読んでくださってありがとう。
応援クリックもお願いします。


人気ブログランキングへ