アメリカン・ビーフとアメリカン・ポークを楽しく美味しく食べよう!バイリンガル・男児育児まんが「ジャパメリカンズ」


登場人物

作者:ゴキタ絵美(ママ)
米国在住13年。男児育児、バイリンガル育児、海外暮らしをまんがと写真で綴るブログ 「ジャパメリカンズ」をきっかけにイラストレーター、漫画家として仕事をはじめる。2012年より日本在住。

長男ハー(2004年生まれ)
食べることとゲームが大好きなバイリンガル。カレー・チャーシューメンが殿堂入り好物、最近は「舞茸ビーフパスタ」がお気に入り。

次男ター(2006年生まれ)
体を動かすことが大好き、内弁慶だがハートが繊細な、ぎりぎりバイリンガル。ミートボールが大好物。ていうかアメリカン・ミート・ママ料理はみんな大好物。

他、アメリカの家族・日本の家族がぼちぼち登場いたします!

2012/02/15 UP

第46回 ほっとスパイスワイン

さてさて今日は
お肉と一緒に飲みたい
飲み物のお話。


お酒を飲むのは大好きなんですが

こういう問題がありまして。(´Д⊂

しかもコロラドは標高が高い故
(富士山5合目くらい、
第一回記事をごらんください。)
お酒のまわりが早いらしい。(;°皿°)

友だち間でも
「Emiとお酒を飲むと
 ジャパニーズフラッグになる」
ことは有名(´∀`)

あるとき

ワインが鍋に?!

これ、ホットスパイスワイン
というもので、
名の通り、スパイスが入った
暖かいワイン。

「普通のワインよりアルコールが弱いから
 あなたも大丈夫かなと思って」

て、ありがたい。

 

作り方は簡単。

●赤ワイン 1本
●白ワイン 1カップ
●オレンジ1個を8等分したもの(良く洗って)
ブルーアガベシロップ 大さじ3
●シナモン 小さじ1/4
●クローブ 小さじ1/4
●しょうがの粉 ひとつまみ

お鍋にワインを入れ
オレンジをギューと絞り入れ
残りの材料を入れて超弱火で
暖めるだけ。

沸騰させるとアルコールが
飛んでしまいます。

アルコールが若干飛んでいるので
飲み続けられるのに
真っ赤にならず気持いい。

すっかりはまりまして
ワインを飲みながら
酔っぱらいすぎず
肉を食べると言う経験
アラフォーにしてはじめて。

オレンジとスパイスが
肉の味をさらに
感じさせてくれる。

第43回の記事で書いた
さっぱりローストビーフを
食べた時にも飲みましたが
このときが一番美味しかった。

オレンジビーフを食べてる感じ。

しっかしこのホットスパイスワイン
酔いがゆっくりとやってくるので

それはそれは
長い時間、多くの量を
楽しめてしまえる上

 

自分はスペシャルなの飲んでるくせに
子どもには炭酸ジュースあげないっていう
判断力まで残してくれて

優れものでした。

ぜひ、さっぱり目の
アメリカン・ビーフ料理とともに
お楽しみ下さい!

 

アメリカン・ビーフの洋食レシピ
こちらからどうぞ。

過去記事

最新Be&Po