アメリカン・ビーフに関する安全性Farm to Tableとは

アメリカでは、食肉の安全性は生産者から消費者が食事するまで、系統立てて関係者が連携して管理すべきという考えが定着しています。この中には当然消費者の責任において安全性の管理を行うことも含まれています。

このため最近では「農場から食卓」ではなく「農場からフォークまで(Farm to Folk)」といった表現や、家庭での安全性管理を「キッチン・ハサップ(台所でのHACCPのような安全性管理)」といった言葉で表現するようになっています。

またアメリカでは、危険性を回避する為にリコール情報が公表され、消費者の口に入らないように生産者から小売、レストランなどの外食産業までが連携を取り対応しています。

このようにしてアメリカでは、官民一体となって食肉の安全性の確保を目指しております。


  • 牧場

  • せり市場

  • フィードロッド

  • 繁留所

  • 搬入

  • 真空蒸気洗浄

  • 有機酸洗浄

  • 複数の除染ステップ

  • カット

  • 挽肉処理

  • 小売店にて