アメリカン・ビーフ&アメリカン・ポーク公式サイト(米国食肉輸出連合会)

アメリカン・ミートのこだわり : Safety

食中毒予防

私たちがお届けする安全なお肉をさらに安心してお召し上がりいただくために、お肉に関するお買い物、調理、保存のポイントをご紹介します。

ご家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

Point 1 食品購入のポイント

  1. 新鮮なものを購入。
  2. 肉や魚の水分がもれないように包んで持ち帰る。
  3. 温度が上がる前に冷蔵庫に入れる。

Point 2 ご家庭での保存

  1. 肉、魚は、水分がもれないようにして、清潔な冷蔵庫に入れる。
  2. 冷蔵庫内の温度は10℃以下、冷凍庫はマイナス15℃以下が望ましい。
  3. 肉、魚、卵を取り扱う前後には石鹸で手を洗う。

Point 3 下準備

  1. 食材に直接触れる手はたえず清潔を保つ。
  2. 調理器具は、異なる食材ごとに熱湯消毒する。
  3. 冷凍食品は室温で解凍しない。
  4. 解凍したものは再冷凍しない。
  5. 洗える食品は洗う。

Point 4 調理

  1. 調理器具や食材を扱う周辺が下準備で汚れていないか確認する。
  2. 細菌は肉や魚の組織の中に入らないが、挽肉は練り込まれるので、特に中身までよく火を通す。
  3. 細菌が死滅するのは、75℃で1分加熱。もしくは、60℃で30分。
  4. 調理を中断する時は室温放置せずに冷蔵庫に入れる。

Point 5 食事

  1. 手を洗う。
  2. 手も盛り付ける道具も皿も清潔に。
  3. 温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べる。

Point 6 残った食品

  1. 残り物は早く冷ます。
  2. 温め直す時も加熱は十分に。75℃以上が目安。汁物は沸騰するまで。
  3. あやしいものは思い切って捨てる。食中毒菌は無味無臭なので、食品が腐ってなくても汚染されていることがあります。