Beef Steak Salad

アメリカン・ビーフ ステーキサラダ

by YUKO

こんにちは。おいしいアメリカのYUKOです。

今回はルッコラと紫玉ねぎに、アメリカン・ビーフのステーキをのせたステーキサラダです。

さっぱりした生野菜とビネガーの酸味、ブルーチーズの塩気とあわせたジューシーなビーフステーキは、夏バテ解消にもってこい。メインディッシュとしていただけるボリュームたっぷりのサラダです。

日本では、サラダというと前菜やサイドディッシュというイメージがありますが、アメリカでは主食としてボリュームのあるサラダを食べることがよくあります。

グリルした魚や海老、ローストチキンや豆類、そしてビーフステーキなどを生野菜の上にトッピングしていただきます。我が家でも、食欲のうせる夏場はとくに 、夕飯にサラダを食べることがよくあります。

ここでのサラダのトッピングには、赤身が多くて柔らかく、ボリューム感もたっぷりなニューヨークストリップという厚めのカットのビーフを使いました。

日本では、厚めにスライスしたサーロインのステーキカットや、ファミリーカットのかたまり肉でも代用できます。

味のポイントは、上にたっぷりとのせるブルーチーズ。

アメリカ料理では、サラダのドレッシングやトッピングによく使われるブルーチーズは、お肉とも良くあいます。溶かしてソースにしたり、ハンバーガーの中に入れたり、青カビの独特な風味とチーズの塩気が、こんがり焼いたビーフととても相性が良いのです。

ここでは簡単に、ほぐしたものをそのままたっぷりサラダの上にトッピングしました。

ドレッシングには、赤ワインビネガーを使ってさっぱりと。付け合わせにパンなどを添えるだけで、あっという間に立派なディナーの出来上がりです。

アメリカン・ビーフ ステーキサラダ

材料(4人分)

アメリカン・ビーフ
厚切りステーキ用、またはファミリーカット
・・・ 約700g
・・・ 適量
黒こしょう ・・・ 適量
オリーブ油 ・・・ 適量
ルッコラ(またはサラダ菜) ・・・ 100g
紫玉ねぎ(または新玉ねぎ) ・・・ 1/2個
プチトマト ・・・ 12個
ブルーチーズ ・・・ 80g
赤ワインビネガードレッシング
レシピはこちら
・・・ 適量

作り方

1.

アメリカン・ビーフの表面に塩こしょうをし、オリーブ油をまんべんなく塗り付けておく。ルッコラは洗って水気を切り、玉ねぎは薄くスライス、プチトマトは縦に半分にしておく。ブルーチーズはフォークなどを使ってほぐしておく。

2.

フライパンを熱し(1)のビーフを焼く。最初に強めの中火で表面に焼き色をつけ、中火で好みの焼き加減になるまで焼く。焼き時間は、肉の厚さや好みによるが、目安としては片面4、5分程度。

3.

肉が焼き上がったらまな板に移し、そのままアルミホイルをかけて5分程度休ませてから、1.5センチ の厚さにスライスする。

4.

皿にルッコラ、玉ねぎ、プチトマトを並べ、その上に(3)の肉とほぐしたブルーチーズをのせる。赤ワインビネガードレッシングをかけていただく。

レシピを印刷

赤ワインビネガードレッシング

材料(4人分)

赤ワインビネガー ・・・ 大さじ3
オリーブ油 ・・・ 大さじ1と1/2
マスタード ・・・ 小さじ1
はちみつ ・・・ 小さじ1/2
・・・ 適量
黒こしょう ・・・ 適量

作り方

1.

すべての材料を小さなボールに入れ、泡立器でよく混ぜ合わす。

レシピを印刷