アメリカン・ビーフとアメリカン・ポークを楽しく美味しく食べよう!バイリンガル・男児育児まんが「ジャパメリカンズ」


登場人物

作者:ゴキタ絵美(ママ)
米国在住13年。男児育児、バイリンガル育児、海外暮らしをまんがと写真で綴るブログ 「ジャパメリカンズ」をきっかけにイラストレーター、漫画家として仕事をはじめる。2012年より日本在住。

長男ハー(2004年生まれ)
食べることとゲームが大好きなバイリンガル。カレー・チャーシューメンが殿堂入り好物、最近は「舞茸ビーフパスタ」がお気に入り。

次男ター(2006年生まれ)
体を動かすことが大好き、内弁慶だがハートが繊細な、ぎりぎりバイリンガル。ミートボールが大好物。ていうかアメリカン・ミート・ママ料理はみんな大好物。

他、アメリカの家族・日本の家族がぼちぼち登場いたします!

2016/12/07 UP

第284回 ほっこり話とほっこりコロッケ” style=

次男ターのクラスメートのお母さんから
ほっこりラインをいただいた。

 

自分の子どもが
外でそんな優しいことしてるって
聞くだけで嬉しい。(´∀`)

 

お優しい方が
マンガを読んでいるところ発見。

「ターさ、学校で◯◯ちゃんが
 具合悪かったとき
 背中さすってあげたんだってね。

 優しかったね」

「そんなことしたっけ」

 

なんて照れてた。(´ε` )

そんなターに、
肩こったなあ!
て主張してみたらば

 
 

 
 

ヾ(´∀`)
ほっこりくんが登場してくれた!

 
 
 

しかし!

 
 
 
 

 
 
 

母には足
三( ゚Д゚)

いや・・
ツボ押さえてて
上手なんですけど

なんかちがくね?!

 
 

そんな
あつかいされてるってのに
週末・・・

 
 

ジェット・コースターに
並んでいたときのこと
なんだけど

「こういう方は乗車できません」て
注意書きがあって

 
 

「ゆかたやふりそでを 着てる人は
 乗れません」てことだよと

説明すると

 

ふりそでを知らなかったので
これまた説明。

 

なんか言い回しが
ビミョーだが

 
 

なんとなく分かってて

 
 
 

 

Σ(゚Д゚|||)

母にはほっこりした対応が
まったく見られない
息子でした。

 
 
 

 
 
 
 

細切れにした
アメリカン・ビーフの肩ロースを
たっぷり使ったほっこりコロッケに

チーズをはさんでみました。

揚げたてをカリッとかじると
アメリカン・ビーフのうまみが染みこんだ
ほくほくじゃがいもと
とろ~っととろけるチーズで
ほっこりした気持ちになります。

 

ひき肉ではなく
アメリカン・ビーフを刻んだものを使った方が
ジューシーさが増しますよ!

 
 
 
 

いつも読んでくださってありがとう。
応援クリックもお願いします。
 ↓

人気ブログランキングへ

 
 

過去記事

最新Be&Po